rainbowtenレインボーテンは、静岡のプラモデル専門店です。

ホーム

店舗、通販案内

新商品

ショッピング

買い物かご

お問い合わせ

一致するデータがありません。
当店では、在庫のデータは原則として在庫のあるものだけ表示しています。
この画面が出た場合は、すでに売れて在庫が無くなってしまっていると考えられます。

同じグループの商品はこちらもっと大きなグループはこちら

wikipedia 61式戦車

61式戦車(ろくいちしきせんしゃ)は、日本の陸上自衛隊が運用していた戦後第1世代戦車に分類される戦後初の国産戦車である。 第二次世界大戦後、初めて開発された国産戦車であり、戦後第1世代主力戦車に分類される。開発・生産は三菱日本重工業(1964年から三菱重工業)が担当し、それまで供与されていたアメリカ製戦車との共用、もしくは置き換えにより全国の部隊に配備された。 1955年(昭和30年)に開発が開始され、1961年(昭和36年)4月に制式採用された。採用された西暦の下二桁の年をとり、61式戦車と命名された。主砲に「61式52口径90mmライフル砲」として制式化された52口径90mmライフル砲を装備し、鉄道輸送を考慮して当時の国鉄貨車に搭載できるよう車体が小型化されている。 1974年(昭和49年)に74式戦車が採用されるまで560輌が生産され、2000年(平成12年)に全車が退役した。 開発までの経緯 第二次世界大戦終結後、GHQにより全ての軍需産業を廃された日本は、戦前から培ってきた戦車や装甲車の技術を失ってしまった。


この商品のデータの前後に登録されている物

BliCZ MOOK 戦車模型製作の教科書(日本戦車の系譜/帝国陸軍戦車から61式戦車への道)

こちらの商品はいかがですか?(お勧めアイテム)

店舗写真

レインボーテン

送料

本州、四国、九州 648円
北海道 1,080円
沖縄 1,728円
(代引き手数料 324円)
お買い上げ一万円(税抜)以上で
送料無料(沖縄は送料半額)
国外への発送はしておりません。

お支払い方法

代金引換
郵便振替
銀行振り込み
クレジットカード等のお支払ご希望の場合は、
ヤフーショッピング経由でご注文ください。

営業カレンダー
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
商品の発送はありません

ほかのアイテムを見る

営業案内

定休日 土日祭日
電話によるお問い合わせは
10:00以降にお願いします
054-204-3521(電話)
054-204-3522(ファックス)

特定商取引法に基づく表示